CHANGE 全10話

2008年5月から7月までフジテレビ系の「月9」枠で放送

平均視聴率:22.1%

あらすじ

小学校の教師だった一人の青年・朝倉啓太が、不慮の事故で衆議院議員だった父を亡くし、父の後継者として補欠選挙に出馬・当選し、総裁選を経て内閣総理大臣となり、政界で奮闘する姿を描く。

本編

・第1話「小学校教師が日本を変える!? 政治の素人が最年少総理大臣に!!」:前編 | 後編
第2話「国会王子の初体験」
・第3話「今夜、総理誕生!!」:Part1/2 | Part2/2
・第4話「いじめられる総理」*動画は見つかりませんでした。
・第5話「総理休日の大事件」:Part1/2 | Part2/2

・第6話「恋愛スキャンダル」*動画は見つかりませんでした。
第7話「15分拡大SP・衝撃の結末!!消えた総理」
第8話「別れ。そして逆襲」
第9話「衝撃!! 総理倒れる」
・最終話「最終回拡大90分SP さようなら、朝倉総理涙のラストメッセージ 22分間の全国生中継」:Part1/2 | Part2/2

出演者

主人公とその周辺

朝倉 啓太:木村拓哉
18年前、衆議院議員の父親が不正献金疑惑を暗に認めたことがきっかけで政治家嫌いになった。父親からは勘当同然の扱いを受けていた。中学時代から天体観測が趣味。「地元の福岡では星がたくさん見えない」という理由で信州大学へ進学し、長野県で教師をしていた。
ある日、補欠選挙への出馬を夫と長男の死に傷心していた母・貴江に変わって、渋々承諾するも衆議院議員に当選してしまう。その後鵜飼内閣の総辞職をきっかけに神林から総裁選への出馬を後押しされ、まっすぐな言葉が国民に理解され、35歳で憲政史上最年少の内閣総理大臣に就任する。若さとルックスから「国会王子」という愛称が付けられる

美山 理香:深津絵里・・・元財務省キャリア官僚
将来の政界進出を目指し神林の秘書となっていたが、啓太の当選後、神林の命を受けて啓太の秘書となる。総理就任後は首席秘書官の役職に就く。政治の素人である総理に悩まされながらも、必死にサポートしていく

韮沢 勝利:阿部寛・・・200戦中199勝1敗の敏腕選挙プランナー
「選挙は法律で唯一許された戦争」が持論。かつて落選者が1名しか出ない市議選に出馬し、落選した。選挙に負けたのは自身が出馬した選挙のみで、本人曰く理由は人脈や地盤の無さ。落選以降は選挙協力した候補者の当選を第一に考え、自らは選挙に出馬しないようになった

宮本 ひかる:加藤ローサ・・・松ヶ谷後援会長の姪
大学を卒業したものの定職には就かず、フラフラしていたところを親戚から朝倉誠(啓太の父)の後援会の手伝いをするように言われ、ウグイス嬢を請け負う

月丘 瑠美子:堀内敬子・・・総理官邸常駐医師
鵜飼武彦前総理のお気に入りだったが、鵜飼のセクハラに嫌悪感を抱いている。歴代の総理は高齢者ばかりだったので、若い啓太が総理に就任したことを喜んでいる

松ヶ谷:車だん吉・・・啓太の後援会会長で父親の代からの支援者
檀原 段:大倉孝二・・・内閣総理大臣付SP/警視庁警備部警護課員
羽鳥:徳永淳・・・内閣総理大臣付SP/警視庁警備部警護課員

朝倉 貴江:富司純子・・・啓太の母
朝倉 誠:小寺大介・・・啓太の父、衆議院議員/飛行機事故で死去
朝倉 昌也:二宮聡・・・啓太の兄、父の秘書/父と共に飛行機事故で死去

日本政友党

与党だが、内閣の支持率は過去最低。次期総選挙では野党第一党である革進党に政権を明け渡すことも危ぶまれている
モデルは自由民主党

神林 正一:寺尾聰・・・衆議院議員/日本政友党総務会長

近藤 光輝:風間杜夫・・・神林の秘書
小野田 朝雄:中村敦夫・・・衆議院議員/日本政友党幹事長
二瓶 栄:神山繁・・・衆議院議員/政友党最大派閥「二瓶派」の領袖
垣内 達彦:大林丈史・・・衆議院議
生方 恒男:石黒賢・・・衆議院議員
鴨志田:東根作寿英・・・生方と行動を共にする若手議員
高柳:河野洋一郎・・・生方と行動を共にする若手議員
森重 利一:隈部洋平・・・神林の秘書

鵜飼 武彦:伊東四朗・・・党内の権力闘争に勝利し、総理大臣に就任したものの、国民の人気はなく、歴代最悪の総理大臣といわれている。セクハラ疑惑後は内閣支持率が4%(月丘曰く「消費税率以下」)となり、総理の職を辞する。
マスコミの質問攻めから逃れようと、たまたま居合わせた啓太を利用したことで、啓太が「国会王子」とマスコミに注目されるきっかけを作った。

五十川 秀樹:児玉謙次・・・前経済産業大臣
綿見 大一郎:山野史人・・・元官房長官
小松崎 和也:久富惟晴・・・朝倉内閣の総務大臣
中村 勘:仙波和之・・・朝倉内閣の農林水産大臣
下山 三郎:渡辺憲吉・・・朝倉内閣の外務大臣
大亀 順三郎:戸沢佑介・・・朝倉内閣の経済産業大臣
関根:唐沢民賢
河原崎:野村信次・・・衆議院議員
衆議院予算委員長:森下哲夫
かどくら:笠井信輔・・・衆議院議員

総理大臣事務秘書官

百坂 哲也:西村雅彦・・・財務省出向
郡司 敏夫:平泉成・・・経済産業省出向
西 誠二:矢島健一・・・外務省出向
秋山 太郎勘介:鈴木浩介・・・警察庁出向

高峰町立清沢小学校児童

小島 みく:山田夏海
上野 あかね:小野花梨
林 和人:一ノ瀬聖崇
村田 淳之介:岩沼佑亮
桑名 琢磨:五十畑哉耶

その他

外木場 清光:上田耕一・・・元福岡県知
熊田:田窪一世
新保 久子:ふくまつみ
アナウンサー:並樹史朗
村山 嘉津男:泉谷しげる

TVキャスター:吹田明日香
JBSテレビ局員:アンジャッシュ
食堂の夫婦:菊池均也、宮地雅子
久野 正次郎:森本レオ
おばあさん:森康子

国土交通省事務次官:浅見小四郎
ハリー・ビンガム通商代表:ニコラス・ペタス
ジョージ・ダガート:セイン・カミュ
早川 奈津子:上原美佐
小柳 健介:忍成修吾

野呂 勘三郎:高橋英樹・・・衆議院議員/革進党代表
補正予算案に反対の意向を示していたが啓太を見ているうちに小野田と同じく、当選した頃の自分を思い出し補正予算案に同意する。政治家として覚えるべき事は「根回し」と「駆け引き」であると啓太に教えた

多湖代議士:斉藤暁
関根代議士:唐沢民賢
河原崎 薫:野村信次
松井 尚子:高橋由美子・・・理香の財務省在任時代の同僚
松井 亮介:広田亮平・・・尚子の息子
財務省主計局長:田口主将
財務省幹部:神崎智孝
フランス大使夫妻:イアン・ムーア、ダーシャ
桜木事務次官:ト字たかお・・・外務省事務次官

野々村 謙三:大和田伸也
官邸連絡会議のお茶廃止を巡って反発するが、自ら事を実践している啓太の思いを知り、お茶の廃止を了解する。

脚本・演出他

脚本:福田靖
演出:澤田鎌作、平野眞
エンディング:マドンナ「マイルズ・アウェイ」(ワーナーミュージック・ジャパン)